花々と華やかに送る海洋散骨
Free Call   0800-888-8788
散骨クルーズイメージ

海洋散骨のよくある質問・時期や日程について

散骨クルーズ・イメージ

海洋散骨のよくある質問
時期や日程について

HOME | よくある質問 | 海洋散骨の時期や日程について

HOME | よくある質問 | 海洋散骨の時期や日程について

散骨をする時期に決まりはありません。宗教に順じた葬送ではありませんので、時期は自由に決めていただけます。もちろん「来世の行き先が決まり、旅立つとされる49日」に合わせて実施される方もいます。散骨クルーズのお客様は「家族が集まれる日」で日程を決められている方が多い様です。土日祝、また連休などを希望される方が多く、記念日にとおっしゃられ、数ヶ月前から予約をされる方もいらっしゃいます。静かに散骨をされたい方は平日を選ばれると良いかと思います。

春夏秋冬それぞれに良い散骨が出来ます。季節により天気や気温、それらに伴い海上の状況が違いますので、出航時間を選んで実施すれば心地よく散骨クルーズが出来ます。一年の中で一番延期になりやすいのは春風の時期です。春風は渦状に吹き、強風になることが多いので散骨クルーズには向きません。散骨する場所の立地により良い風向きと波立つ風向きがあります。湘南がある相模湾は北風に強く、初夏から秋まで吹きやすい南西風が吹くとひどく荒れ、波立ち、乗船しているのも大変になります。また気温が上がると強い南西風が吹きやすいなりますので、気温が上がる前の時間帯(朝)、もしくは夕凪が吹く夕方に出航すると心地よく散骨をしていただけます。この様に散骨する場所により最適な季節や時期が違います。気軽にお問い合わせ下さい。 

船と桟橋が空いている、併せて当社の予約が空いている時間であれば承れます。「散骨ポイント」「乗船人数」「プラン」を早急に決めていただき、契約と遺骨のお預かりをスグに行わせていただきます。併せて料金の支払いも完了していただくことで実施が出来ます。遺骨の粉骨サービスは社内で行っていますので、散骨をする前日に遺骨をお預かりすることで対応します。散骨クルーズではこの様に急な希望でご依頼いただくことも多くありますので、お客様の状況に合わせて対応可能です。お気軽にご相談下さい。

可能です。ただ、火葬をする場所が神奈川県内、東京都内などの首都圏であれば対応可能です。また、火葬した遺骨をスグにお預かりして粉骨に仕上げなければなりません。そのため、火葬時間により出航する時間が決まります。散骨クルーズでは「契約」と「事前支払い」が必要です。火葬前もしくは火葬中に契約、支払いをしていただくことで準備を滞りなく進めることが出来ます。ご依頼者様と細かく打ち合わせをさせていただきますので、この様にとてもタイトなスケジュールで散骨実施をしなければならない場合でも、専門スタッフがアドバイスをしながら対応しております。

当社では「海外から帰国している間に散骨をしたい」という依頼を多く受けています。その場合は滞在している間に実施が出来るように船および桟橋を手配・調整し、お客様と細かくコンタクトをとりながら進めています。海洋散骨は天気や海上状況により実施が出来ない場合もあります。そのため、第1予定日は滞在中の早い時期に設定し、その日に向けて、契約や遺骨の準備を進めます。第2予定日、第3予定日をご依頼者様と時間も含め細かく打ち合わせを行い、滞りなく進められるようにしています。現在まで12年の間、滞在中を希望されたお客様は全て無理なく、心地よく、思い描いた通りの散骨をされて海外に戻られていらっしゃいます。散骨証明書や写真データのお届けについても、お客様の希望に合わせて、海外へお届けすることもしております。

年末は船と桟橋が空いていれば可能です。毎年12月29日、30日、31日に散骨を実施しています。ただし、船のチャーター料金が特定日加算で通常料金より割高になります。また、年始に関しましては、船会社およびマリーナがお休みになるため承れません。1月5日以降、通常料金に戻ります。

どの様な天気でも実施が出来るデッキスペースに屋根がある船を予約していただければ変更にならず実施が出来ます。プランや乗船人数によっては、デッキスペースに屋根がついている船にすることで加算料金がかかる場合があります。予約時に相談いただければ最適な船をご提案させていただきます。


散骨クルーズで利用している船の中にはデッキスペースに屋根がない船があります。粉骨に施した遺骨は水溶紙袋に包み散骨をしていただくのですが、雨が当たると手の上でも溶けてしまいます。そのため、デッキスペースに屋根がない船で実施を予定している場合は延期をお勧めしています。

散骨クルーズでは、いつでも変更を承ります。ただし、船および桟橋が空いていること、そして当社の予約が空いている場合となりますので、ご了承下さい。尚、変更に伴う追加料金や手数料は一切かかりません。お気軽に相談下さい。

散骨をする時期に決まりはありません。宗教に順じた葬送ではありませんので、時期は自由に決めていただけます。もちろん「来世の行き先が決まり、旅立つとされる49日」に合わせて実施される方もいます。散骨クルーズのお客様は「家族が集まれる日」で日程を決められている方が多い様です。土日祝、また連休などを希望される方が多く、記念日にとおっしゃられ、数ヶ月前から予約をされる方もいらっしゃいます。静かに散骨をされたい方は平日を選ばれると良いかと思います。

春夏秋冬それぞれに良い散骨が出来ます。季節により天気や気温、それらに伴い海上の状況が違いますので、出航時間を選んで実施すれば心地よく散骨クルーズが出来ます。一年の中で一番延期になりやすいのは春風の時期です。春風は渦状に吹き、強風になることが多いので散骨クルーズには向きません。散骨する場所の立地により良い風向きと波立つ風向きがあります。湘南がある相模湾は北風に強く、初夏から秋まで吹きやすい南西風が吹くとひどく荒れ、波立ち、乗船しているのも大変になります。また気温が上がると強い南西風が吹きやすいなりますので、気温が上がる前の時間帯(朝)、もしくは夕凪が吹く夕方に出航すると心地よく散骨をしていただけます。この様に散骨する場所により最適な季節や時期が違います。気軽にお問い合わせ下さい。 

船と桟橋が空いている、併せて当社の予約が空いている時間であれば承れます。「散骨ポイント」「乗船人数」「プラン」を早急に決めていただき、契約と遺骨のお預かりをスグに行わせていただきます。併せて料金の支払いも完了していただくことで実施が出来ます。遺骨の粉骨サービスは社内で行っていますので、散骨をする前日に遺骨をお預かりすることで対応します。散骨クルーズではこの様に急な希望でご依頼いただくことも多くありますので、お客様の状況に合わせて対応可能です。お気軽にご相談下さい。

可能です。ただ、火葬をする場所が神奈川県内、東京都内などの首都圏であれば対応可能です。また、火葬した遺骨をスグにお預かりして粉骨に仕上げなければなりません。そのため、火葬時間により出航する時間が決まります。散骨クルーズでは「契約」と「事前支払い」が必要です。火葬前もしくは火葬中に契約、支払いをしていただくことで準備を滞りなく進めることが出来ます。ご依頼者様と細かく打ち合わせをさせていただきますので、この様にとてもタイトなスケジュールで散骨実施をしなければならない場合でも、専門スタッフがアドバイスをしながら対応しております。

当社では「海外から帰国している間に散骨をしたい」という依頼を多く受けています。その場合は滞在している間に実施が出来るように船および桟橋を手配・調整し、お客様と細かくコンタクトをとりながら進めています。海洋散骨は天気や海上状況により実施が出来ない場合もあります。そのため、第1予定日は滞在中の早い時期に設定し、その日に向けて、契約や遺骨の準備を進めます。第2予定日、第3予定日をご依頼者様と時間も含め細かく打ち合わせを行い、滞りなく進められるようにしています。現在まで12年の間、滞在中を希望されたお客様は全て無理なく、心地よく、思い描いた通りの散骨をされて海外に戻られていらっしゃいます。散骨証明書や写真データのお届けについても、お客様の希望に合わせて、海外へお届けすることもしております。

年末は船と桟橋が空いていれば可能です。毎年12月29日、30日、31日に散骨を実施しています。ただし、船のチャーター料金が特定日加算で通常料金より割高になります。また、年始に関しましては、船会社およびマリーナがお休みになるため承れません。1月5日以降、通常料金に戻ります。

どの様な天気でも実施が出来るデッキスペースに屋根がある船を予約していただければ変更にならず実施が出来ます。プランや乗船人数によっては、デッキスペースに屋根がついている船にすることで加算料金がかかる場合があります。予約時に相談いただければ最適な船をご提案させていただきます。


散骨クルーズで利用している船の中にはデッキスペースに屋根がない船があります。粉骨に施した遺骨は水溶紙袋に包み散骨をしていただくのですが、雨が当たると手の上でも溶けてしまいます。そのため、デッキスペースに屋根がない船で実施を予定している場合は延期をお勧めしています。

散骨クルーズでは、いつでも変更を承ります。ただし、船および桟橋が空いていること、そして当社の予約が空いている場合となりますので、ご了承下さい。尚、変更に伴う追加料金や手数料は一切かかりません。お気軽に相談下さい。